歴史的な寺院、魅力的な民族舞踏、美しいサンゴ礁に囲まれた絶景ビーチなど、多彩な観光スポット数多く存在し、 一度訪れるとその魅力の虜になる人も多いのがバリ島です。 バリ島の美しい自然や世界遺産、パワースポットなど、楽しみ方は自由自在です。 こちらのページではバリ島の主な観光地をご紹介致します。

 

寺院

バリ島内には寺院が2000以上あるといわれています。寺院の割れ門の形は、聖なる山を表しており、この門をくぐる事によって、 その人の心の邪悪の部分が浄化され清らかになると信じられています。幾つかの有名な寺院はリゾートエリアからすぐ側にあるので、 バリ旅行に来たら是非訪れたいスポットです。どの寺院でも過度な露出は禁止され、サロンと呼ばれる腰布を巻いて入る場合が多いので、 サロンを用意しておくと便利です。

【おすすめ寺院のご紹介】
<ウルワツ寺院>・・・バリ島南端の断崖に建つ寺院。壮大なロケーションと美しい眺めが人気です。毎日寺院内で公演されているケチャダンスはサンセットとダンスを一度に楽しむことができるため人気が高く、満席で座れないこともあるほどです。
<タマンアユン寺院>・・・周辺が世界遺産にもなったメングウィ王朝だった時代の国寺とされていた伝統ある寺院です。メルと呼ばれるアグン山を模した塔が立ち並ぶ姿が美しく、よくポストカードにもなっているフォトジェニックな寺院です。
<ウルンダヌ・ブラタン寺院>・・・バリ北部のブラタン湖のほとりに建ち、湖に浮かぶように建てられている姿は神秘的な寺院です。 50,000ルピアの紙幣にもデザインされている有名な寺院です。

 

ライスフィールド(棚田)

バリ島を代表する風物詩がライステラスです。丘陵地帯でたくさんのお米が作れるようにと古代からバリで行われている水耕の手法を採用しています。 バリ島内の平地はとても少なく、海沿いのエリアしか広い平地はありません。 そこで、山や丘を切り開いて棚田にしたそうです。

【有名なライステラスのご紹介】
<テガララン・ライステラス>・・・ウブドの川沿いにつくられており、バリのライステラスの中でもその美しさでとても有名です。周辺にカフェも立ち並び、 ライステラスを見上げながらゆっくりすることができます。
<ジャティルイ・ライステラス>・・・2012年ユネスコ世界文化遺産に選定されました、バリ島中部バトゥカル山のふもとに広がる田園地帯です。 標高は700メートル付近からどこまでも続く緑の絨毯は一見の価値があります。

 

ウブド

バリ島中心地から約1時間、ガムラン音楽、バリ舞踊、バリ絵画など、芸術の村として知られ、観光の盛んな村がウブドです。 1930年代にここに移り住んできた多くの欧米の芸術家の影響を受け、「バリアート」と呼ばれる独特の分野を形成するとともに、 バリ島における芸術のメッカとして知られるようになりました。クタなどのリゾート地で売られている民芸品の多くはここで作られているようです。 中心地にあるモンキーフォレストはその名の通りの「サルの森」。野生猿の自然保護区で約200頭の猿が生息しています。 森の奥にはダルム・アグン・パダントゥガル寺院があり、森はプラ(ヒンズー寺院)の鎮守の森として聖域です。 ウブド中心にはウブド王宮やウブド市場があり、街歩きにも最適です。ビーチとは一味違ったバリ島の魅力をウブドでお楽しみ下さい。

Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です