インドネシアは、ジャワ人やスマトラ人、バリ人、アンボン人など、約300の民族から成る多民族国家の国です。 人口2.5億人を有する世界第4位の人口大国となっています。インドネシア料理もインドネシアの多民族文化を反映し、バリ料理、ジャワ料理、 スンダ料理、マカッサル料理、マナド料理、パダン料理、バタク料理などの各民族の料理があります。 こちらのページではBaliventureオススメのバリ料理をご紹介致します。

 

ナシゴレン

インドネシア料理と言ったら『ナシゴレン』!!と言われるくらいのインドネシアを代表する料理です。 ナシは『米』、ゴレンは『炒める』の意味でいわゆる『焼き飯』です。ナシゴレンはにんにくや唐辛子、スパイスなどを利用した独特のコクと辛味が特徴で す。ケチャップで味付けしたものや、中国風に醤油ベースの味付けのものなどがあります。目玉焼きを乗せたり、クルプック(揚げせんべい)やアチャール(漬物)などを添えたりします。そのままでもピリっとスパイシーですが、現地の薬味「サンバル」を付けて食べるのもオススメです!

【ナシゴレンだけじゃない!厳選インドネシア料理】
<ミーゴレン>・・・インドネシア風焼きそば
<サテ>・・・インドネシア風 串焼き
<アヤムゴレン>・・・インドネシア風 唐揚げ
<ガドガド>・・・温野菜、ゆで卵や揚げ豆腐をピーナッツソースであえたヘルシーな一品。

 

イカンバカール(シーフードBBQ)

バリのデンパサール空港の南部にあるジンバランでは、ビーチ沿いに煙をモクモクとあげるイカンバカールのお店がズラリと並んでいます。 イカン=魚、バカール=焼く、要するにシーフードのバーベキューです。ジンバランのビーチにずらりと並ぶイカンバカールは、 オプショナルツアーも組まれるほどバリの名物です。地元で取れた魚や貝、エビなどを炭火でなく、ココナッツの殻からできた炭を使って焼いていきます。 炭火焼きよりも香ばしく焼けて美味しいですよ!しかもビーチで食べられるので、気分も最高です! インドネシアの代表ビール『ビンタン』と共にインドネシア風BBQを楽しみましょう! ジンバランはサンセットポイントとしても有名でバリ随一の夕日が鑑賞頂けます。
イカンバカール(シーフードBBQ)は全てのツアーに含まれています。

 

バビグリン

バリ料理の中で一番のおすすめは『バビグリン』です!バリ島に来たら絶対に食べて欲しいバリ料理No.1です!! もともとはバリのお祝いやお祭りの際に食べられる料理なのですが、町のいたるところにバビグリン屋さんがありお手軽に食べることができます。 どんな食べ物かというと、豚をまるまる1匹丸焼きにした料理で、ご飯の上にお肉や皮、内臓と様々な部位が少しずつ盛りつけられて出てきます。 豚のお腹にたくさんのブンブ(スパイス)を詰め込み、ココナッツ・オイルを塗りながらじ~っくりと回しながら焼いていくと、 表面の皮はパリッと、そしてそのパリッパリの皮に覆われたお肉は肉汁が閉じ込められ、お腹に詰められたブンブがじっくりと浸みわたり、なんともジューシーな蒸し豚状態になります。 バリの人々も大好きな料理。そしてそのおいしさは、万国共通で旅行者をも唸らせるバリの代表的な料理と言えるでしょう。

Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です